ウィッグのかぶり方・扱い方

ウィッグの手入れ方法の例

 ウィッグは、材質によって手入れ方法が異なります。
 基本的な手入れの例はシャンプーを使った方法です。

 

 まず、ウィッグ全体のほこりをブラシで軽く払うようにして落とします。
 ウェーブのついたものは、更に力を抜いて払わないと、カールが取れてしまいます。

 

 水かぬるま湯にシャンプーを入れて軽く混ぜます。
 お湯だとウィッグの表面が傷んでしまいます。

 

 ウィッグを漬け置きます。
 5分程置いてから、擦らないようにして汚れを落とします。
 毛が絡まないように、ウィッグを軽く押すようにすると良いです。

 

 すすぐ時も、同じように桶に水かぬるま湯を溜めて、
 そこにウィッグを入れるようにします。
 シャワーなどを直接当てると、水圧で絡んでしまったり、カールが取れる事があります。
 トリートメントなどを使用する場合も、同様にします。

 

洗い終わってから保管までが長持ちの秘訣

 洗い終わったら軽く水気を払ってからタオルの上に置きます。
 挟んでぽんぽんと軽く叩いて水を切ります。
 濡れたままにしておくと痛みの原因になります。
 きちんと乾かす事が重要です。

 

 完全に乾いてから、最後にブラッシングします。
 濡れた状態で櫛を通そうとすると、毛の表面に傷をつけてしまいます。

 

 

 手入れは、お風呂で行う事が出来ます。
 ウィッグを使用した後はきちんと洗わないと、汗やほこりで毛が絡まってしまいます。
 臭いなども出てくるので、手入れは欠かさないようにします。

 

 ウィッグは消耗品です。
 何度も使用していると、徐々にツヤやコシがなくなってきます。
 正しく手入れをする事で、少しでも長い間ウィッグを楽しむ事が出来ます。

 

おすすめサイト

女性の抜け毛とウィッグ
ウィッグで劇的に人生がかわる。そんなことが信じられますか?
髪は女性の命です。髪型にお悩みの方もぜひ御覧ください。